【疑問】サッカーのビルドアップとは?ポジション別に求められるスキルを解説

皆さんはサッカーをしていて、ビルドアップという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
サッカーでは、ゴールキーパーもしくはディフェンダーが起点となり、自陣から前線へとパスやドリブルで攻め上がっていく一連の過程をビルドアップと言います。
この記事では、ビルドアップの解説やビルドアップをするためにポジションごとで求められるスキルをまとめています。
是非参考にしてみて下さい。

ビルドアップとは?

ビルドアップとは、構築するという意味を持っています。
サッカーでは、攻撃を組み立てるという意味で使われます。

まず、サッカーでは、攻撃方向を基準にピッチを3分割して3つのゾーンに分ける考え方があります。
自陣ゴール前をディフェンシブサード、ピッチ中央のエリアをミドルサード、相手ゴール前をアタッキングサードと呼び分けています。

つまり、ゴールキーパーやディフェンダーがいるディフェンシブサードから攻撃を組み立てながら、前線にあたるアタッキングサードまでボールと人を前進させることをビルドアップと言います。

ビルドアップに必要なスキル

次にビルドアップに必要なスキルを見ていきましょう。

パスの精度

ビルドアップは、自陣から攻撃を組み立てていくため、味方へ適度な強さで正確にパスを届けることが重要です。
ディフェンシブサードでのミスは失点に直結する可能性が高いで。
そのため、ボールを失わずにビルドアップをするための高いパス精度が必要です。

ポジショニング能力

ビルドアップを行う時は、ボールを持っていない選手のポジショニングが重要になります。
サポートの位置が相手に近い場合は、プレッシャーをかけられてしまい、ボールを前に運びにくくなります。また、サポートの位置がボール保持者と横並びになると攻撃方向へ進むのに時間がかかり、相手の守備陣形が整うためビルドアップを行うことができません。
そのため、相手の状況に応じて常に前方へボールを運べるポジショニングをとれる能力が必要です。

数的優位を見極める状況判断能力

ビルドアップは、ピッチ全体で数的優位な状況ができている場所を利用します。
時には仲間の上がる時間を作るためにボールをキープする場面もあります。
そのため、数的優位な状況を生み出したり、ピッチのどのエリアを利用する方が前進しやすいのかを見極める状況判断能力が必要です。

ポジションごとに求められるスキル

それでは、ビルドアップをするためにポジションごとに求められるスキルを見ていきましょう。

ゴールキーパー

ビルドアップの起点となるポジションです。相手の状況に応じて、味方へ的確なパスが求められます。足元に収めるパスや、スペースに出すパスなど、ショートパスやロングパスを正確に行う能力が必要です。

センターバック

ディフェンシングサードからミドルサードへ侵入するためにショートパスの正確さを求められます。センターバック間のパス交換やボランチやサイドバックへのパスの供給を担っているため、最適なパスの強弱を行える能力が必要です。

サイドバック

主にビルドアップ中は、ゴールキーパーやセンターバックのサポートを行います。
ピッチの幅を有効に使い、相手のプレッシングを回避したり、ミッドフィルダーがプレーしやすいスペースを空けたりして、数的優位な状況を作り出すポジショニング能力が求められます。

ボランチ

主にビルドアップ中のセンターバックやサイドバックのサポートを行います。奪われたらショートカウンターの危険があるポジションのため、正確なトラップとパスができる能力が必要です。時にはセンターバックの位置まで降りて、相手のプレッシャー回避したり、ミドルサードからアタッキングサードへ効果的なパスを出すために、広い視野と最適な判断能力が求められます。

サイドハーフ

ミドルサードでボールを受けれるように、ピッチの幅を有効に使えるポジショニング能力が求められます。主に前線を担当し、サイドバックやボランチが受けられるスペースを確保するため高いポジションに位置します。ボールを受けてからは、相手の状況に応じて、保持するのか、前進するのかを的確に判断してプレーするため、ドリブルやパスの能力が必要です。

フォワード

ビルドアップ中はミドルサードまで落ちてパスコースを作り縦パスを受けたり、ボールを高い位置で保持することが求められます。そのため、速いパスを受けられるトラップ技術と攻撃で数的優位を見極める判断能力が必要です。

まとめ

ビルドアップの意味とポジション別に求められるスキルを解説していきました。
ビルドアップができると、チームの攻撃陣形を崩さずに、ピッチの深さを幅を最大限に利用して、保持しながらボールを前進させることができます。
そのために、どのポジションでも共通して言える必要なスキルがトラップとパスの精度です。
ポジションごとに役割を理解し、チーム全体が連動しながら相手陣地のアタッキングサードまで進みチャンスを作りましょう。

\ 記事がいいと思ったら
いいねしていただけると嬉しいです /

この記事を書いた人

山根 慶大

Soccer Station代表の山根慶大です 現在は、サッカーステーション広島の『サッカー塾』でコーチをしており、これまで1000人以上の子供達を育成してきました。
パスやトラップなど、サッカーに必要な技術が発揮できない原因を個別で分析し、その選手の個性に応じて指導を行っております。


あなたにおすすめの記事

「スキル」を伸ばすサッカー塾

広島でスキルを伸ばす事に特化したサッカー塾開講!パス、ドリブル、シュートから自分に足りないorさらに伸ばしたいスキルを徹底的に伸ばす。オンラインでコーチに24時間質問し放題

\ こんな方におすすめ /

  • より技術力を磨きトップレベルを目指したい

  • 様々なチームの人と刺激し合い経験や刺激をもらいたい

  • 現在通っているサッカーチーム以外でも練習したい

詳しく見てみる
サッカースクールの画像

Line@

LINE@登録で予約、新着情報、お得な情報を配信中!!

Get in touch

各種SNSから新着情報をチェック!!

Sitemap

サイトマップ