サッカーをするなら知っておきたい。センターバックの役割と必要な練習とは?

現代のサッカーでは、センターバックに求められるスキルや役割が守備だけではなく、ビルドアップに参加してボールを奪われない正確な技術や戦術理解度を求められるようになってきました。

センターバックを経験したことのある選手の中には、守備はできるけど攻撃になると何をしたら良いのか分からなくて不安になる選手もいると思います。
そんな選手は、今回の記事を見ることでポジションの役割を理解し『試合中にやるべきこと』や『自分が練習するべきこと』が明確になりプレーの質が高くなります。
それでは、センターバックの役割と必要なスキルや練習を見ていきましょう。

センターバックに与えられた4つの役割

センターバックは、攻撃では起点となり守備ではチームの要となるポジションです。
まずはセンターバックに与えられた4つの役割をみていきましょう。

相手FWにチャンスを与えない

センターバックは自分のゴールに近いポジションです。相手に得点チャンスを与えないために、特に相手FWには自由なプレーをさせない役割があります。

ディフェンスラインをコントロールする

ディフェンスラインは自チームにおける最終防壁です。ゲーム中の攻守において、チームがボールを保持している時も保持していない時も、最終ラインを前後左右にコントロールして味方の陣形を整える役割があります。

ビルドアップに参加する

ロングパスやショートパスを使い分け、ボールを保持しながら相手陣地まで前進させていくのがビルドアップです。センターバックは、ボールを受けてサイドハーフやサイドバックにパスをしてサイドチェンジをしたり、ボランチやFWへパスをしたりして、チームが前進しやすいエリアを見つけてボールを供給する役割があります。

センターバックに必要な4つのスキル

センターバックの役割を果たすには、スキルが必要です。
そこでセンターバックに必要な4つのスキルを見ていきましょう。

トラップとパスの正確さ

センターバックの位置は自陣のゴールに1番近いです。そのため、センターバックのミスはゴールに直結します。攻撃の時には、ビルドアップやサイドチェンジなど、ボールを止めて蹴る技術の正確さがより必要になります。浮き球のトラップやロングパス、ショートパスなど、2タッチ以内で正確にボールを処理できる技術が必要です。

ヘディングの強さ

センターバックは、空中で相手と競り合う回数が多いです。そのため、ヘディングで空中のボールを相手陣地に跳ね返し、味方に繋げるスキルが必要です。空中戦を制すると、相手が自陣のゴール前に侵入してくる回数を減らすことができるため、ゴールを決められる確率も減ります。

予測するチカラ

センターバックは、GKを除いて常にチームの最後尾に位置しています。そのため、相手と味方の位置を認知して、チーム全体を統率しやすいポジションです。味方が攻撃している時の相手の状況や、片方のサイドにボールがある時の反対サイドの状況など、ボールがある場所から想定される次のプレーを予測するチカラが必要です。

ボディコンタクトの強さ

センターバックは、守備の要となるポジションです。そのため、ゴール前で1対1の場面が多く、シュートを撃たせないためにボディコンタクトの強さが必要になります。筋力やステップワークやバランス感覚などの総合的なボディバランスが身に付いていれば、カラダをぶつけたり、ぶつけられても負けないため相手のゴールを阻止することができます。

センターバックに必要な練習

スキルを身につけるためには練習が必要です。
そこでセンターバックは主にどんな練習が必要なのか見ていきましょう。

1対1

ゴールを設定して二人組で1対1を行いましょう。1対1では、相手とぶつかる感覚やカラダを入れるタイミングなどのディフェンス力が鍛えられます。

ヘディング

ボールを投げてもらい、2人でヘディングで競り合う練習を行いましょう。特ににジャンプヘッドの練習は重要です。空中戦の多いポジションのため、ヘディングの正確性や強さを上げていきましょう。

トラップとパス

2人組みでショートパスやロングキックなどの練習を行いましょう。止めて蹴る技術を習得しましょう。センターバックは奪ったボールを保持するのも重要な役目の1つです。ビルドアップや相手から奪ったボールを的確に味方に届けて攻撃の起点になるために、正確に止めて蹴る技術を習得しましょう。

まとめ

現代サッカーでは、センターバックには対人の強さや足の速さだけでなく、守備面では相手の攻撃を読む能力やディフェンスラインをコントロールする統率力なども求められてきています。
攻撃面では、ビルドアップに参加して、攻撃の起点になることが求められてきています。
つまり、センターバックは『強い、速さ、賢い』の3つの要素が求められるポジションです。
そのため自主練習では、守備で必要な1対1、ヘディングの練習だけでなく、攻撃に必要なトラップとパスの精度を高める練習も怠らないようにしましょう。

\ 記事がいいと思ったら
いいねしていただけると嬉しいです /

この記事を書いた人

山根 慶大

Soccer Station代表の山根慶大です 現在は、サッカーステーション広島の『サッカー塾』でコーチをしており、これまで1000人以上の子供達を育成してきました。
パスやトラップなど、サッカーに必要な技術が発揮できない原因を個別で分析し、その選手の個性に応じて指導を行っております。


あなたにおすすめの記事

「スキル」を伸ばすサッカー塾

広島でスキルを伸ばす事に特化したサッカー塾開講!パス、ドリブル、シュートから自分に足りないorさらに伸ばしたいスキルを徹底的に伸ばす。オンラインでコーチに24時間質問し放題

\ こんな方におすすめ /

  • より技術力を磨きトップレベルを目指したい

  • 様々なチームの人と刺激し合い経験や刺激をもらいたい

  • 現在通っているサッカーチーム以外でも練習したい

詳しく見てみる
サッカースクールの画像

Line@

LINE@登録で予約、新着情報、お得な情報を配信中!!

Get in touch

各種SNSから新着情報をチェック!!

Sitemap

サイトマップ