盛り上がる!サッカーのキック練習法!

今回は、2人でやっても盛り上がるサッカーのキック練習法を紹介します。
この動画は、特に低学年のお子さんがいるお父さんやお母さんにオススメの練習となっております。

ところで皆さんは試合中にキックが弱すぎて相手に取られたことはありませんか?
止めて蹴る技術は、サッカーの基本となるのですごく大切です。
しかし、キック練習は上手くなるのに時間がかかるし、小学校低学年くらいの年頃だとなかなか集中力が続かずに飽きてしまいます。

そこで今回は、2人でやっても盛り上がるサッカーのキック練習法を紹介します。
この練習は、相手と勝負をしながら楽しくキック技術を身につける練習です。
ルールは、エリアの外から交互にボールを蹴って、自分の決めた色のマーカーを全て裏返しにしたら勝ちというシンプルな勝負なので、子供から大人まで誰でも一緒に楽しむことができます。
この練習をすることで、試合で味方が受けやすいようにパスの強さを調整できる能力が身に付きます。
基礎練習をやっても飽きやくて続かない選手でも、楽しみながらキックの練習が行えるので是非参考にしてみて下さい。

練習のポイント

まずこの練習のポイントをみていきましょう。

キックを加減する

1つ目はキックの強さを加減することです。
マーカーを裏返すには、強すぎても弱すぎても上手くいきません。
キックを繰り返しながら、どのぐらいの強さで蹴れば良いのか調整しましょう。

どのマーカーを狙うべきか考える

2つ目は、どのマーカーを狙うべきか考えることです。
状況によっては、相手のマーカーを狙って表に返したほうが良いこともあります。
このように、どうやったら勝ちやすいのか?を考えながら練習してみましょう。

練習方法

それでは、練習方法を解説していきます。
まず、エリアを作ってその中に色違いのマーカーを2枚ずつ置きましょう。
次にじゃんけんをして自分の色を決めましょう。
勝った人からマーカーを狙ってボールをキックします。
エリアの外から交互にボールを蹴って、自分の決めた色のマーカーを全て裏返しにすれば勝ちとなります。
相手の裏返ったマーカーにボールを当てて、表にもどして守備をすることも可能です。
もしも、マーカーをエリアの外に出してしまったら相手の勝ちとなります。

まとめ


今回は、盛り上がるサッカーのキック練習法を紹介しました。
キックの練習はとても地味なので、つい飽きてしまい続かないことが多いです。
しかし、どんな練習でもねらいがあれば面白くなります。ねらいの無い練習ほど退屈なことはありません。

今回はマーカーを裏返すというねらいを持って、相手と競いながら練習しました。
たとえ1人でインサイドキックの練習をする時でも、浮かないように蹴るとか、毎回同じ場所に蹴り込むなど、ねらいを持って取り組むことでキックするたびに成功と失敗が分かりやすくなります。
何事も目標を持って取り組んだことは、成功したら嬉しいし、失敗したら悔しいです。また誰かと競争することでその感情は高まってくるため、練習をしながら気持ちも盛り上がってきます。

この練習をすることで相手と勝負をしながら楽しくキック技術を身につけることができます。実際に試合で相手が受けやすいパスを出したり、どうやったら勝ちやすくなるか考えれるようになるので是非参考にしてみて下さい。

\ 記事がいいと思ったら
いいねしていただけると嬉しいです /

この記事を書いた人

山根 慶大

Soccer Station代表の山根慶大です 現在は、サッカーステーション広島の『サッカー塾』でコーチをしており、これまで1000人以上の子供達を育成してきました。
パスやトラップなど、サッカーに必要な技術が発揮できない原因を個別で分析し、その選手の個性に応じて指導を行っております。


あなたにおすすめの記事

「スキル」を伸ばすサッカー塾

広島でスキルを伸ばす事に特化したサッカー塾開講!パス、ドリブル、シュートから自分に足りないorさらに伸ばしたいスキルを徹底的に伸ばす。オンラインでコーチに24時間質問し放題

\ こんな方におすすめ /

  • より技術力を磨きトップレベルを目指したい

  • 様々なチームの人と刺激し合い経験や刺激をもらいたい

  • 現在通っているサッカーチーム以外でも練習したい

詳しく見てみる
サッカースクールの画像

Line@

LINE@登録で予約、新着情報、お得な情報を配信中!!

Get in touch

各種SNSから新着情報をチェック!!

Sitemap

サイトマップ